HOME>オススメ情報>物件を借りるときには周囲のエリアを確認する

エリアによって特色が違います

ビル

新宿は日本でも特に発展したエリアで、人の行き来が激しいエリアです。こうした場所に事務所を構えることが出来れば、交通の便で非常に利用しやすい環境だといえるでしょう。そこで貸事務所を構えたいと考えたときに、注意しなければならないことがあります。新宿は地域によって、かなり特色が違ってくるということです。新宿駅の東口方面は、大きな繁華街になっており、中小の小売店が多数隣接しています。一方で西口方面は都庁を中心に、巨大な高層ビルが立ち並び、ビジネス街の様子を見せています。この様に、新宿といっても、場所によってかなり特色が違ってきますので、自分の事業を見てどこが最適か考える必要があります。

設備が大きく違います

オフィス

新宿といってもエリアによって大きく特色が違います。そのため、貸事務所も大きく違ってくるのです。高層ビルが立ち並ぶエリアならば、最新式のセキュリティーと高度な設備が搭載された、非常に安全で快適な空間のオフィスビルで仕事が出来ます。一方で、駅から離れたエリアになってくると、建築年数がかなり経過した古い建物もたくさんあります。自分会社の規模や予算と考えて、最も適切な設備を備えた建物を選択してみることが大切です。

安いところもある

ビル

新宿エリアは全体的に地価が高いため、経済的に余裕がない会社だと利用できないと考えてしまうかもしれません。ですが、新宿駅からある程度距離が離れてくると価格が落ちてくる傾向にあります。特に高田馬場方面はそこまで地価が高くない物件も結構あります。また、建築年数が経過した建物が多いため、それも価格を引き下げる理由になってきています。もしも予算が限られているのであれば、そうした地域で貸事務所を探してみると良いでしょう。

広告募集中