HOME>トピックス>知って置いて欲しいこと

審査基準は会社により異なります

賃貸法人契約をする際には審査がありますが、この審査の基準は管理会社によりことなることに注意した方がいいでしょう。家賃が高い場合、自社が大手で資金力に優れた会社だと判断できるような会社であれば別ですが、そのような会社でない場合は審査に落ちてしまうこともあります。また家賃がそれほど高くなくても、設立したばかりの会社は、傾向として審査が通りにくいと言われています。審査を通すことを優先したければ、規模が大きい管理会社は審査が厳しい傾向があるとされているので、避けた方がいいかもしれません。因みに、節税対策をしすぎず所得を取るようにすることや信頼できるお仕事をしている人に保証人になってもらうなどをすると、審査が通りやすくなります。

地域密着型ならでは強みがあります

地域密着型の不動産会社は、部屋を貸し出している不動産オーナーと長い付き合いがあることが少なくなく、そのため値引き交渉がしやすいと言われています。また賃貸法人契約の話をするときに、表にはまだ出ていないような物件を、紹介してくれることも珍しくないことがこと魅力です。

大手の会社も魅力的です

全国各地に支店を持つような会社と賃貸法人契約をする場合、取り扱い物件数が多く、自分の希望にあう物件を探しやいのが魅力です。小売店などでお金のかわりに使えるポイントを貰えたり、魅力的なキャンペーンを積極的に開催していたりすることもあります。

広告募集中